qrcode.png
http://www.hiroshima-shafukukeiei.com/
モバイルサイトにアクセス!
広島県社会福祉法人経営者協議会
〒732-0816
広島県広島市南区比治山本町12-2 広島県社会福祉会館内
TEL.082-254-3416
009967
 

活動状況

 

2018年6月12日(火)

2018年6月12日(火)
 
第1回総会第1回研修会が終了いたしました
平成30年度最初の行事となります第1回総会および第1回研修会および懇親会をホテルメルパルク広島で行いました。
研修会では,約180人の会員・非会員及び行政関係の皆様にご参加いただきました。研修テーマは、「福祉・介護・保育分野の人材不足に係る社会福祉法人の対応について」でした。リレー式で行い3人の講師から次のようなお話をいただきました。広島県福祉・介護人材確保対策等総合支援協議会から「広島県福祉・介護人材確保対策等総合支援協議会の取り組みについて」,広島県健康福祉局安心保育推進課保育グループからは「保育分野の人材確保等に係る現状と対応について」,外国人技能実習機構広島事務所「外国人技能実習制度の仕組みについて」
会員の皆様は会員専用ページから資料をご覧になれます。
 
 
 
 
 

2018年3月14日(水)

2018年3月14日(水)
 
第2回総会第10回研修会が終了いたしました
平成29年度最後の行事となります第2回総会および第10回研修会がホテルガーデンパレス広島で行いました。研修会では,約180人の会員・非会員及び行政関係の皆様にご参加いただきました。
 講師は,公益社団法人公益法人協会副理事長鈴木勝治講師をお招きし,社会福祉法改正に伴う実務を中心に「実例を交えた新しいガバナンス体制」,「理事や評議員の義務と責任」,「所轄庁の指導監査」,「判断が難しいグレーゾーンの実例」等をご講演いただきました。会員の皆様は会員専用ページから資料をご覧になれます。
 
 
 
 
 

2018年2月7日(水)

2018年2月7日(水)
 
制度改革対応セミナー後期が終了いたしました
今回のセミナーは,約160人の会員・非会員の皆様にご参加いただきました。
全国経営協制度政策委員等が講義等を行い、今後の社会福祉法人の経営に関する全国経営協の考え方と各法人が具体的に取り組むべき方策や報酬改定,生活困窮者自立支援法の見直しなど,社会福祉法人を取り巻く最新の制度動向のポイントを学びました。また地域公益実践発表では,社会福祉法人みぶ福祉会様、社会福祉法人慈光会様、社会福祉法人交響様、広島県経営協調査研究部会の報告がされました。「地域における公益的な取組」をより積極的に取り組んでいくための手掛かりとなるよう実践発表を実施しました。会員の皆様は会員専用ページから資料をご覧になれます。
 
 
 
 
 

2018年1月11日(木)

2018年1月11日(木)
 
知事との意見交換会について
今年度も,各種別団体の代表者の方にお集まりいただき「業種代表者会」を複数回開催し,種別の垣根を越え,参加いただいた団体が抱える様々な課題等を共有し,地域の課題解決にむけた取り組みについて検討いたしました。これら議論された内容や今後の取り組みについての報告も兼ねて、知事をはじめ,関係者の皆様との意見交換会を行いました。
 
 
 
 
 

2018年1月11日(木)

2018年1月11日(木)
 
平成29年度第3回業種代表者会について
今年度3回目の業種代表者会を14の種別団体・県社協と広島県をオブザーバーに迎え行いました。今年度の振り返りを行うとともに,総まとめとして,より実践的な連携についてシュミレーションをし,具体的な方法(標準的なモデル)について検討しました。
 この会議はそれぞれの立場や垣根を越え,連携・協働により,災害や地域公益活動を推進するために協議・共有を行っています。今回は,地域公益活動を推進する施設経営法人の傾向を共有し,社協や施設経営法人が互いの強みや特性を理解し,かつ,協働した取り組みを継続して行う必要性を共有し,施設経営法人と市町社協の場づくりを推進することになりました。また,これらの取組みは、「我が事・丸ごと」の地域共生社会の出口は,「地域づくり」だという国全体の方向性にもかなっていると認識しました。次年度は,この業種代表者会の場に,市町社協にも参画を依頼することになりました。
 
   
 

2017年12月1日(金)-2日(土)

2017年12月1日(金)-2日(土)
 
平成29年度福祉のお仕事見学・体験バスツアーについて
福祉・介護分野の人材確保が困難な中で,福祉・介護職を職業選択の一つとして意識してもらうためには若年者(高校生等)・保護者,専門学校生,大学生,一般の人に福祉を身近に感じてもらうきっかけが必要です。
   このツアーでは,福祉施設を訪問して,施設職員の体験談を聞き,利用者と交流することにより,福祉・介護職への理解    
   を深め,魅力ややりがいを感じる機会とし、みだしのバスツアーを会員法人の皆様にご協力いただき行いました。
  ご協力ありがとうございました
 

2017年11月22日(水)

2017年11月22日(水)
 
平成29年度第2回業種代表者会について
平成29年11月22日に第2回業種代表者会が行われました。第1回会議で議論された,地域課題を把握する市町社協との現在の連携状況について協議し、業種団体(施設経営法人)と市町社協が相互に共有する場をもつことで,地域(エリア)ごとのニーズに応じた、より効果的な地域課題解決に向けた取り組みができるのではないかと提案をもとに,福山市社会福祉協議会様と東広島市社会福祉協議会様をお招きし,協議がされました。
第3回会議後は,広島県知事をお招きして「知事との意見交換会」も行う予定です。
 

2017年10月12日(木)

2017年10月12日(木)
 
平成29年度「福祉のお仕事見学・体験学習」(県立熊野高等学校)について

高校生が自分の将来を考える中で, 福祉・介護職 を職業 選択 の一つとして 意識 して もらうためには, 福祉を身近に感じてもらうきっかけが必要です。
 この 学習で は, 高校生が 福祉施設を訪問し て,施設職員の体験談を聞 き,利用者と ふれあう ことにより, ことにより, ことにより, 「福祉・介護  」の仕事 」の仕事 」の仕事 」の仕事 の魅力を感じ, やりがいを持って働ける専門性の高い 仕事 であることを理解することを目的に経営協会員6法人にご協力いただき実施しました。

 

平成29年度福祉のお仕事見学・体験バスツアー(前期)7月実施

平成29年度福祉のお仕事見学・体験バスツアー(前期)7月実施
 
平成29年度福祉のお仕事・体験バスツアーについて

今年度も福祉・介護分野の人材確保が困難な中で,福祉・介護職を職業選択の一つとして意識してもらうために,若年者(高校生等)・保護者,専門学校生,大学生,一般の人を対象に,福祉施設を訪問して,施設職員の体験談を聞き,利用者と交流し,福祉・介護職への理解を深め,魅力ややりがいを感じる機会としました。

 
 

平成29年度第1回業種代表者会実施 8月17日(木)

平成29年度第1回業種代表者会実施 8月17日(木)
 
平成29年度3回実施予定。第1回が終了しました。

現在,広島県においても、誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けられるよう住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの取り組みが進められています。この取り組みを進めるためには,社会福祉法人が種別を超えて連携し,包括的に課題に取り組むことが有益と考えられます。

このような情勢の中,昨年度行われました業種代表者会では,まとめとして次の4点が整理されました。
1業種代表者会で協議したことを各種別団体の中で今後も会員にひろめていくこと
2同じ社会福祉法人として今後も連携し,課題共有や相互に取り組むことで課題解決の場とすること
3地域課題に取り組む地域公益活動を行うためにも県・市町社会福祉協議会等関係機関もまきこむ場とすること
4地域の中で社会福祉法人が果たすべき役割や姿勢を職員に対しても示していくこと
昨年度の取り組みを踏まえて、更に深化させることを目的に、今年度もみだしの会を複数回行います。併せて,その成果については、広島県知事をお招きして「知事との意見交換会」も行う予定です。
 
 
 

平成29年度経営絵協セミナー前期(8月10日(木))実施

平成29年度経営絵協セミナー前期(8月10日(木))実施
 
社会福祉法人制度改革対応セミナー(前期)が終了しました
 

 

 

 平成29年4月1日に改正社会福祉法が全面施行され,すべての社会福祉法人が今回の社会福祉法人制度改革で要請されている事項に正しく対応していかなければなりません。一部では,定款変更を終え,新たな役員等の選任が済めば,制度改革は終わったと考えるきらいがありますが,今回の制度改革の成果は,まさにこれからの各法人の取り組みにかかっています。
全国経営協では,今回の社会福祉法人制度改革を前向きに捉え,社会福祉法人の存在意義を社会にあらためて示す契機として積極的な対応を行ってきました。
本セミナーは,制度改革の趣旨をあらためて再確認し,より実効性のあるものにしていくようフォローアップを行い,これからの法人経営に資することを目的に開催します。併せて,改正社会福祉法施行後の具体的な実務に関して,間違えやすい処理内容の事例から法人の組織運営の内容をあらためて確認し,新たに制定された「指導監査実施要綱」に基づく指導監査ガイドラインのポイントを解説し,引き続き今回の制度改革に円滑に対応できるよう説明がありました。
 
 

第28回中国・四国地区経営者セミナー(7月20日~21日)実施

第28回中国・四国地区経営者セミナー(7月20日~21日)実施
 
約400人を超えるご参加ありがとうございました

社会福祉法人改革を主たる内容とする改正社会福祉法が施行され,社会福祉法人の在り方が改めて問われています。私たち社会福祉法人は,改めてその原点に立ち返り,高い公益性に相応しい体制を確立し,他の事業主体では対応できない様々な福祉ニーズにも目を向け,社協等地域の関係機関等と連携し,共に改革を進めていくことが求められています。そのためには,これからもより自主性・自律性をもった経営を志向するとともに,楽しさ,元気の出る働きやすい職場環境の構築・高品質サービスの維持・向上のための人材確保等幅広い経営努力が必要です。

私 私たち社会福祉法人は,こうした様々な情勢に機敏に対応し,自らの使命と役割を果たすことで,すべての地域住民の生活に応えるための「地域共生社会」実現の要となり,地域社会に必要な存在であり,信頼され続けたいと考えます。
本セミナーは,社会福祉法人をめぐる諸課題についての認識を共有し,社会福祉の担い手として相応しい社会福祉法人の在り方を協議する場とすることを目的として開催しました。
 
 
 
 

平成29年度広島県経営第1回研修会 6月30日

平成29年度広島県経営第1回研修会 6月30日
 
テーマ「我がこと丸ごと地域共生社会の実現に向けて」

平成29年6月30日(金)にホテルメルパルク広島にて,厚生労働省 社会・援護局地域福祉課生活困窮者自立支援室 室長 本後 健講師に,「我がこと丸ごと地域共生社会の実現に向けて」をテーマに,広島県社会福祉法人経営者協議会第1回研修会を行いましした。

 

平成28年度第10回研修会が行われました。

平成28年度第10回研修会が行われました。
 
社会福祉法人に期待すること~マスコミの視点から~
 

 

 今般の社会福祉法人改革に伴い,社会福祉法人その存在意義を改めて社会に示し,積極的な対応を図ることが求められています。本研修会では,「今回の社会福祉法の一部改正による「社会福祉法人改革」は,社会福祉法人に何を求めているのか」,「社会福祉法人に対する「社会の評価」と「社会福祉法人の現状」とのギャップは何か」,「社会福祉法人に期待されている役割を果たすために必要なことは何か」を中心に,マスコミの視点から読売新聞東京本社調査研究本部 主任研究員 榊原智子様にご講演いただきました。

 

平成28年度「福祉のお仕事見学・体験学習」発表会

平成28年度「福祉のお仕事見学・体験学習」発表会
 
「福祉のお仕事見学・体験学習」体験発表会が行われました
 

 

 広島県社会福祉法人経営者協議会と広島県福祉・介護人材確保等総合支援協議会(情報提供・啓発部会)が共催し,11月に「福祉のお仕事見学・体験学習」を今年度行いました。その報告会として,平成29年2月22日に広島県立熊野高等学校が「福祉・介護の現場体験発表会」を行いました。それぞれグループに分かれた高校生は,体験して得たことなどを丁寧な報告書にまとめ,発表されました。

 

平成28年度広島県経営協業種代表者会「知事との意見交換会」

平成28年度広島県経営協業種代表者会「知事との意見交換会」
 
業種代表者会でのを実施しました
 

 

 広島県社会福祉法人経営者協議会が主催の業種代表者会(14の種別団体と広島県(オブザーバー)が今年度3回実施)は,各種別団体や県社協が,様々な課題(社会福祉法一部改正に伴う社会福祉法人共通の課題,各種別団体の抱える種別固有の課題,各圏域等における様々な地域住民の生活課題)等について認識を共有し,既存の取り組み等を参考に,まずはできることから取組み,将来的には圏域における協働した取り組みを推進することを目指した会議でした。

  その報告会も兼ねて1月30日に「地域包括ケアの推進について」,「福祉・介護分野における人材確保について」をテーマに知事との意見交換会を実施しました。

 

平成28年度業種代表者会

平成28年度業種代表者会
 
14の種別団体+広島県(オブザーバー)を招いての業種代表者会を実施しました
 

業種代表者会は経営協の主要な位置づけとして今年度14団体と広島県が集まり,今年度3回実施いたしました。その結果,この会議においては,①協議したことを各種別団体の中で会員にひろめていくこと,②同じ社会福祉法人として今後も連携し,課題共有や相互に取り組むことで課題解決の場とすること,③地域における課題に取り組むにあたっては,県市町社会福祉協議会等関係機関との連携を図る場とすること,④地域の中で社会福祉法人が役割を示す姿勢を職員にみせていくこと等がまとめとしてあげられました。

「我が事・丸ごと」共生型社会を実現していくためにも,引き続き各種別団体が互いを理解する場として業種代表者会を継続していくことが必要です。

経営協として今後も種別を超えた連携,協働による社会的課題への対応を推進するため,業種代表者会の継続と社会福祉法制度改革で明確になった社会福祉法人の使命・役割の周知・実践に取り組むこととしています。

 

2017年1月28日(土)

2017年1月28日(土)
 
広養協・経営協合同研修会を実施しました
 
平成29年1月28日に,広島県社会福祉法人経営者協議会・広島県児童養護施設協議会合同で厚生労働省雇用均等・児童家庭局家庭福祉課課長 川鍋慎一 様をお招きし,「社会的養護をめぐる諸課題児童養護施設等及び里親等の措置延長,小規模化と施設機能の地域分散化,施設の人員配置や職員の処遇等)や将来像(今後の動向)について」をテーマに研修会をおこないました。
 

2017年1月21日(土)

2017年1月21日(土)
 
知福協・身障協・経営協合同研修会を実施しました
 
平成29年1月21日に,広島県社会福祉法人経営者協議会・広島県知的障害者福祉協会・広島県身体障害者施設協議会合同で厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課長 朝川知昭 様をお招きし,「障害者総合支援法3年後の見直しを控えて」をテーマに研修会をおこないました。

 

当日は,会員法人や行政関係者等107人の参加をいただきました。
 

2016年6月28日(火)

2016年6月28日(火)
 
平成28年6月28日に第1回総会・行政説明・研修会・情報交換会を実施しました
 総会では,次のことについて承認をいただきました
1.平成27年度広島県社会福祉法人経営者協議会事業報告
2.平成27年広島県社会福祉法人経営者協議会収支決算
また,平成28年度熊本地震への対応について報告,平成28年度事業の進捗状況についての報告,広島県社会福祉協議会事業説明,広島県社会福祉法人経営青年会事業説明を行いました。
 行政説明では広島県・広島市・福山市・呉市より説明をいただきました。
 研修会では, 「社会からの期待に応える社会福祉法人になるために~法改正後の動きも踏まえて~」と題して,独立行政法人福祉医療機構経営サポートセンターコンサルティンググループリーダー千葉正展様をお招きし,約180人の参加をいただきました。
 
 
 

2016年2月23日(火)

2016年2月23日(火)
 
平成28年2月23日に総会・研修会を実施しました
総会では,次のことについて承認をいただきました
1.平成28年度広島県社会福祉法人経営者協議会事業計画
2.平成28年広島県社会風刺法人経営者協議会予算
研修では,全国社会福祉法人経営者協議会会長を講師に「社会福祉制度改革対応セミナー」を公開セミナーとして開催し,会員・非会員併せて200人の参加をいただきました。
情報交換会は,広島県・広島市・福山市・呉市等より来賓をお招きし,100人を超える会員参加をいただき活発な情報交換会が行われました。
 
 

2015年11月14日(土)

2015年11月14日(土)
 
福祉・介護の仕事体験プログラムを実施を実施しました
仕事体験
社会人・一般の方を対象として、社会福祉施設・事業所理解促進事業として、「福祉・介護の仕事体験プログラム」を広島・福山2コースで実施し、多くの方が施設事業所で福祉・介護の仕事を体験しました。 
   
労務管理研修を実施しました
社会福祉法人がより充実した法人経営を行うには,職員一人ひとりの主体性や,やる気を発揮できる法人運営,労働環境の充実が求められています。 本研修では,労働基準法に係る動向やマイナンバー制度等についての情報提供を行うとともに,勤務や雇用形態の違い等による労務トラブルを未然に防ぐための運用のコツや,規定の作成方法等,労務管理上の課題や対応方法について事例をとおして学びました。
 

2015年10月14日(火)

2015年10月14日(火)
 
福祉・介護の仕事体験プログラムを実施を実施しました
車いす体験
高校生を対象とした社会福祉施設・事業所理解促進事業として、「福祉・介護の仕事体験プログラム」を実施し、熊野高校の生徒がいろいろな施設事業所で福祉・介護の仕事を体験しました。
 
   
次世代リーダー養成研修 好評のうちに終了
社会福祉法人が転換の時を迎えている今、法人の体制強化、特に早期における法人の中核を担うリーダーの養成は必須となっています。
本年度、経営協が実施している「次世代リーダー養成研修」は予定していた3回の講座を無事終了しました。
研修に参加していただいた皆様からのアンケートを掲載します。
 

2015年1月8日(木)

2015年1月8日(木)
 
社会福祉法人の地域公益活動事例を紹介します(Vol.1)
微妙福祉会では、地元2箇所の町内会と協定を結び、11月1日に総合防災訓練を行いました。
保育所園児や地域住民の避難誘導訓練、法人が備えた備蓄品の展示見学をプログラムとされています。
訓練終了後は、参加者全員が炊き出し訓練の豚汁を食べながら、反省会と意見交換会を行いました。
 

2014年12月10日(水)

2014年12月10日(水)
 
生活困窮者自立支援法の就労支援事業の事例集を掲載しました。
去る12月10日に開催した「法人経営セミナー」では、平成27年4月に施行される「生活困窮者自立支援法」の概要について情報提供しました。
支援事例が入手できましたので、こちらからダウンロードしてご活用ください。
 
http://www.hiroshima-shafukukeiei.com/files/lib/2/4/201602191420091451.gif
<<広島県社会福祉法人経営者協議会>> 〒732-0816 広島県広島市南区比治山本町12-2 広島県社会福祉会館内 TEL:082-254-3416